慶良間

2019/9 慶良間ダイビング 初めて日本国内でのダイビング

Pocket

今回はJ-TRIPのツアーを使っての沖縄です。ここはダイブ付きのツアーが数多くあり、他より断然安いのでお薦めします。

ダイビングショップは嘉手納町の漁港にある「JAMマリンクラブ」にお世話になりました。那覇市内からは少し離れてますが送迎付きなので問題なしです。ただ朝は早めに起きなければなりませんが。。。

大型の船を2隻所有しているようです。これまで海外の小型の船しか乗ってなかったのでちょっと戸惑います。しかもファンダイビング客だけかと思ってたら体験ダイビングもシュノーケルも同じ船に乗るようです。

1週間前に台風17号が通過し、移動当日18号が南の海上に発生しました。
なんでも数日前までは台風の濁りが残っていたようで、ほんとラッキーです。予定通り慶良間諸島まで行けた上透明度も抜群だったようです。

7時過ぎにホテルに送迎にきて8時半には出船です。30ノットくらいで走ったでしょうか?慶良間諸島まで約1時間で到着、船をアンカリングしてのボートダイビングです。
これまでは潮に流れて行うドリフトダイブしかしたことなかったのでこれも初体験です。なんでも沖縄でドリフトダイブをするには中級者以上(100本以上)の経験がいるとか。またドリフトをやらしてもらえるショップも選ばないといけないようです。まあ1人のガイドが10人近くを見てるので仕方ないんでしょうね。しかもシュノーケルも同じポイントなので基本浅いところが中心になります。国内で本格的なダイビングをするにはもっと経験を積んで、ショップもツアーのオプションでなく自分で選べ、ってことですね。

しかし水深が浅いので全体的に明るく、また色んな地形のポイントがあります。
これまで経験したことがないような洞窟や狭い隙間を抜けてのダイビングです。

ほんと水が綺麗ですよね。小高くなっているところから遠くを見渡すと空に浮かんでいる感じになります。
色んな岩の隙間を抜けていきます。温泉が湧き出ているところも行きました。


アオウミガメがいました。ここのカメは人間に慣れてます。まったく逃げようとしません。


魚でいっぱいの洞窟も抜けていきました。水中ライトがほしい!


ご存じカクレクマノミもたくさんいます。


ウミヘビです。猛毒があるかもと思いと近寄りがたいですね。

今回は1日3本×2日のダイビングでした。
水深は最大でも20m以下、平均10m以下のポイントばかりで、カメ以外の大物を見ることはできませんでしたが、すごく透明度がよくこれまであまり行ったことのなかった「地形」中心のダイビングで結構楽しめました。まあ次も同じポイントに行くかと言われると「うん」とは言えませんが(笑)。
今度慶良間に来るときは、もっと経験を積んでマンタやイソマグロなどの「大物」を見ることができるポイントに行きたいと思います。
その場合は本島から行くより、慶良間に宿泊する方が色んなポイントに行けていいみたいですね。

-慶良間

Copyright© ダイビング旅行記 ~リゾートダイビング好きな人と繋がりたい~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.